善玉コレステロールを増やす薬とは

薬の中には、善玉コレステロールを増やす作用があるものもあります。

 

薬を服用していくのであれば、他にどのような作用があるのかを知ることも大切ですし、副作用としてどのようなものがあるのかについても理解をしておく必要があります。

 

善玉コレステロールを増やすための薬として、フィブラート系の薬があります。このフィブラート系の薬というのは、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増加させる作用があります。

 

ほとんどといっていいほど副作用はないのですが、体質によっては横紋筋融解症になるということもありますから、油断はなりません。

 

これ以外にも、副作用が少ない代わりに、即効性もないものとして、ニコチン酸系の薬もあります。すぐに効果が現れない為、長期間服用をしなくてはならないという特徴もあります。

 

コレステロール関連の薬というのは、多種多様となっています。また、その薬によって、総コレステロール値を下げることが目的の薬もありますし、悪玉コレステロールを減らす薬もあります。

 

そして、即効性のある薬もありますし、長期的に服用をして徐々に作用していくという薬だってあります。症状によっては、薬を服用することによって、合併症を引き起こしてしまう危険性もあるため、医師が判断をしてどの薬を処方するのかを決めることになります。

 

ですから、自分でどの薬を飲むのかを決めるのではなく、医師にしっかり相談をして、自分に合う善玉コレステロールを増やす薬を飲むようにしましょう。

 

また、薬だけに頼るということはしないようにしなくてはなりません。薬物療法をしながら、運動療法や食事療法もしっかりと行っていくようにしなくてはなりません。

 

食事や生活習慣を見直すことによって、善玉コレステロールを増やし、逆に悪玉コレステロールを減らすことができるようになります。薬を飲んでコレステロールを減らすというのは、あくまでも最終手段だと考えるようにしましょう。